peak design ピークデザイン クラッチ CL-2をα7R3につけててみた

スポンサーリンク

おしゃれで機能美あふれるカメラアクセサリーを作り続けるアメリカのメーカー、peak design(ピークデザイン)
クラウドファウンディングで新製品開発資金を集め、毎回大成功させていることでも有名です。
今回はpeak designのカメラハンドストラップのクラッチを紹介します。

clutchの箱を開封

シンプルで細長い箱で売られています。
もともとキックスターターでクラウドファウンディングをしていましたが、日本でもAmazonなどで購入することができるようになりました。

付属品

  • クラッチ本体
  • スタンダードプレート
  • アンカー x 2
  • 六角レンチ
  • シール
  • ロゴ入り袋
  • 説明書

袋の使い道は六角レンチ、説明書、アンカーの予備を入れて保管する用にしました。
peak designの製品は購入するとスタンダードプレートが付属することが多いため何かと余りがちになりますが、サブカメラなどにつけて活用しようと思います。

説明書を読むまでもなくシンプルなセットアップで完了しますが、安全のために一度読んでおきます。

カメラとの取り付け部分の確認

通常のハンドストラップよりもかんたんに取り付けができ、かつ、かなり強固にロックされるとのことなので、取り付け部分を確認してみます。

取り付け部分の金属はかなり肉厚です。
ちょっとやそっとじゃ曲がらなさそうです。

ストラップの先の穴になっている部分を金属に引っ掛けます。

引っ掛けることができてしまえばうちが側からは相当無理矢理な力をかけない限り取れることはまずなさそうです。
バネのついた留め具とフックの両方で安全にホールドされています。

手に当たる部分は硬すぎず柔らかすぎずな素材に滑りにくい加工がされていました。
開封直後は若干硬めではありますが、1、2回使用するとちょうど良い硬さにほぐれてきます。

カメラにクラッチをつけてみる

Canon 5Dなどのレフ機の大きなストラップ穴を想定しているのか、α7R3に通そうとすると相当きつかったです。
ただ、一度通してしまえば、素材が馴染むのかするっと着脱できるようになりました。
おそらくα7シリーズはおなじストラップ穴を使用しているはずなので、どの機種でも装着可能なのではないでしょうか。

もう片方は三脚穴に取り付けたスタンダードプレートにアンカーを装着します。
アンカー取り付け位置は手の大きさやカメラのサイズによってレンズ側かディスプレイ側かを選ぶことになります。
この写真ではレンズ側に通していますが、何日か使用してディスプレイ側のほうが持ちやすかったためそちらに付け替えています。

 

アンカーをパチッというまでスライドさせ、かんたんに装着することができます。
はじめてアンカーを見たときはこんなに細い紐で大丈夫か?と心配になりましたが、耐荷重が90kgあることに加え、摩耗が進み、交換時期が近づくと中から赤色の紐が出てくるらしいので安心です。

本体 + レンズで1.3 ~ 1.5kgほどの装備で使用しましたが、紐が伸びたりきしんだりといったことは全くありませんでした。

装着後

横から見てもコンパクトにまとまっています。
カメラアクセサリーにありがちな野暮ったい雰囲気もあまりありません。

金属の留め具から伸びている紐を引っ張ると締め付け具合をきつくしたり、ゆるめたりできます。
片手で操作でき、長さを決めた後はずれてきたりはしづらい設計がされています。

実際にクラッチを使用してカメラを握るとこのようになります。
移動時は手の甲部分にクラッチが来るように締め付けても良いのですが、僕はさっと構えて撮影をしたいので少し緩めにして手を移動させられるようにしています。

まとめ

コンパクト、頑丈、シンプル、かんたん
ハンドストラップにありそうでなかった商品がようやく見つかったという感じです。
4,000 ~ 5,000と、ハンドストラップにしてはあまり安くはありませんが、これを使用してからカメラを持ち出すときの負担はかなり減りました。

ネックストラップなどでカメラを持つのも悪くはありませんが、ちょっとカバンにカメラを忍ばせて、さっと取り出して撮影するなんて日常使いのスタイルにはむしろこちらのストラップのほうが向いている気がしました。

こういったハンドストラップは大きな一眼レフにこそといったイメージでしたが、コンパクトで軽いミラーレスでもその恩恵はかなり得られました。
1、2時間程度の短い撮影でカメラを手に持った状態ですら、手への負担減を感じることができました。