α7R IIIで手持ち夜景、スナップ撮影 大阪市 中之島公園 グランフロント大阪

スポンサーリンク

α7R IIIと24-70mm F2.8 GMを使用して三脚なし、手持ちのみで大阪市の都心部を撮影してきました。
撮影場所は中之島公園、グランフロント大阪です。
撮影後はrawではなくjpegで少しだけLightroomで加工リサイズをしていますが、ほぼほぼ撮って出し状態です。

北浜 〜 中之島公園(中央公会堂)

大阪市は北浜にある五感(Gokan)北浜本館です。
対向車線から撮影しました。
今まで使っていたカメラで夜景をこの明るさで撮影しようと思うとISOをかなりあげないといけませんでしたが、強力なボディ内手ブレ補正のお陰で低ISOでも安心して撮影することができました。

印象的な壁の建物を中之島公園側から撮影。
等倍で確認しても壁の隅々まで解像しています。

通常、このような明暗の激しいシーンでは色調が潰れてしまいがちでしたが、鮮やかな色調で撮影することができました。
床の質感から木々の柔らかな葉までしっかりと描画されています。

中央公会堂の裏手に回り外から室内を撮影しました。
元画像は装着レンズの関係上、割りと引き目でしたが高解像度を活かしクロッピング、クローズアップしました。
高解像度は画質だけでなく、構図を後からある程度自由に選択できるという利点もありますね。

グランフロント大阪

グランフロント大阪 南館B1Fにはメルセデス・ベンツ コネクションがあり、そこでは毎回様々な車種が展示してあります。
今回は人気のCクラスが展示してありました。
バックの液晶から映し出される映像が白いボディに映り込む様をなめらかなボディの質感とともに描画できています。

比較的高めからの建築構造がわかりやすいカットです。
中央の開けた空間から各ブロックを支える柱とフロア移動のエスカレーターが直線的で未来的な雰囲気を醸し出しています。
様々な種類の照明が入り混じっていますが、それぞれの場所の空気感が伝わってくるようです。

飲食店が入るフロアでのワンショットです。
暗部の影と電球のディティール、どちらも精細に描画されています。

大阪駅

クリスマスシーズンということで、ちょっとしたイルミネーションエリアができあがり、かわいらしい雪だるまの照明が置かれていました。
全面のピントがあっている部分と背景のボケの絵的なコントラストが撮影していて楽しくなります。

屋上からガラスにフードがつくかつかないかのギリギリの場所から撮影しました。
α7Sシリーズは言うまでもなく暗所に強いですが、α7Rシリーズはその高解像度を活かし、ある程度潰れたディティールも縮尺してみてしまえばかなり精細に描画された写真として見せることができます。

まとめ

今回、手持ちのみで夜の大阪都心部を撮影してまわりました。
撮影時間は移動も含めておよそ2時間程度でしたが、三脚もなかったためかなり手軽に撮影してまわることができました。

以前であれば三脚を用意してじっくりと撮影しようとしていた場所も、「ちょっと撮影してみようかな」といった気分でサクッと撮影し、それを高画質で残すことができることが撮影へのモチベーションを高めてくれます。
ボディ内蔵手ブレ補正の強力さと暗所特性の良さ、加えて暗所でも迷わないAF精度のお陰でストレスなく撮影をすることができました。